商品検索:
ico 現在の場所:ホーム > 最新情報 > 温度差式時計

温度差式時計

 世の中は実に知らないことだらけです。「時計」にまつわる面白い話もたくさんありますが、今日はびっくり仰天の温度差式時計の話です。

1928年ニューシャテルの技術者ジャン=レオン・リュッテ(Jean-Léon Reutter)は気温の変化により駆動される時計を発明しました。

ゼンマイを巻かないでも、錘を吊り上げないでも、永久に動き続ける時計というものも存在します。このスーパーコピーPanerai時計は周囲の温度差をエネルギーにして動き続けます。300∝ほどの金属のドラムには空気が閉じ込められていて、周囲の温度が変化すると空気の温度も変化して膨張・収縮します。特殊なべローズ(蛇腹)でこの膨張・収縮を直線運動に変え、それを回転運動に変えてゼンマイを巻くという仕組みなのです。15℃から30℃の間で1℃の温度変化が生じれば2日間動きます。

この原理を利用し1936年よりスイスの高級時計メーカー、ジャガー・ルクルトが「アトモス」の名称で発売しているのが温度差式時計なのです

にわかには信じがたいことですが、人が発明したものには感心してしまいますね。

ems
パネライコピー時計専門店
Copyright © 2007-2017 www.jaright.com All right reserved.